コラゾンとはABOUT プログラム紹介PROGRAM コレクションCOLLECTION 教室を探すSTUDIO ご入会の流れFLOW 採用情報RECRUIT

【コラゾン浅草橋】 眠気に赴くままに 

2024年5月14日 火 10時13分

 

こんにちは、コラゾン浅草橋です!
新しい環境に置かれている子供たちには、
5月の節目であるGWが過ぎ、幾分か環境にも慣れ、
越えなければならない壁を1つ乗り越えた頃かと思います。
お子様をお持ちの保護者様も、少しは「ホッと」した頃合いでしょうか^^

春と言えば、「五月病」。
そして、誰しもがこの季節に口にするであろう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
春眠暁を覚えず、
処々に啼鳥を聞く。
夜来風雨の声、
花落つること知る多少。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
春の眠りは心地よいため朝になったことに気付かず、思わず眠り込んでしまって、なかなか目が覚めない、
鳥があちこちでさえずる声が聞こえる
昨夜から雨の音がしていたが
どれほどの花が散ってしまっただろう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
風情があり、心に余裕があるような漢詩の1つ。

子供でも、大人でも、
少しヒヤッとする風がカーテンを揺らし、
隙間からは、そろそろ明るさを放つ太陽の線が
入り込む朝の時間帯は、
「このまま目を開けずに、寝てしまいたい」
と心底願わずにはいられないかと思います!
 
最近の朝は、毎日この気持ちに押しつぶされそうになりながら
どうにか起き上がる毎日です。
こんな毎日を送るから、週末はせめて1時間は遅く起きたいと
切に願うのですが、
子供たちはどうも違う様。。。

週末起床7時問題。
 
大人とすれば「休みの日くらい、9時とかに起きたら?」と
問い掛けるのですが、
「もったいないじゃん」とすぐさまに返答してくる子供たち。
月曜から金曜日は起きなきゃいけないから起きる
土日は、自分の意志で起きる
の違いだそうで。。。。

きっと、
「今日は何かいいことがあるかもしれない」
「やりたいことを見つけられるかもしれない」
なーーーーーんて、考えているのかもしれませんね^^

大人も子供も、
眠りたいときに眠る
起きたいときに起きる
やりたいことをする
が、5月病を乗り切る特効薬なのかもしれません。
 
本当は雨の音を聞きながら、
目を閉じてしまいたいと思う、五月雨の朝。
そんな今日は今日とて、
コラゾン浅草橋は笑顔に元気に陽気に本日も営業中です!

\ このページをシェア /

お問い合わせ

エントリー

エントリー

お問い合わせ

上へ戻る