採用情報

コラゾンってなに?

★コラゾンはココロとカラダの成長が気になるお子様向けの運動発達支援スクールです。

1.未就学児(~6歳)
2.小学生
3.中学生

1~3の年代別に、ココロとカラダと頭のトレーニングを個々に合う形でご提供させて頂いております。
ココロとカラダと頭は全て連動しています。

ココロとカラダと頭を動かす事は発育・発達においてとても有意義な事であるとともに、スポーツを通して「ルールを学ぶ、コミュニケーションを図る、考える、チャレンジする」という事が何よりもお子様の成長につながると私達は考えております。

こどものうちにいろんなことを体験する事により、生きていく上での選択肢が広がると期待しております。
スポーツのコラゾンは、関わる多くの方が幸せに暮らしていける事を目的として活動しております。

未就学のコース







小学生のコース











中・高校生のコース



個別


グループ


イベント




コラゾンのコンセプト



★コラゾンはココロとカラダの成長が気になるお子様向けの運動発達支援スクールです。

コラゾンのコンセプトは「楽しく体を動かしながら、ソーシャルスキルを学ぶ」、「観て、聴いて、感じる体験を通して感受性を育む」です。
コラゾンでは運動をメニューの中心とさせて頂いておりますが、運動自体がコラゾンの目的ではありません。
目的は、「ソーシャルスキルを向上させること」であり、運動は目的を達成するための手段に過ぎません。
しかしながら、私たちはお子様の成長にとって「体を動かすこと」はとても重要な要素ととらえており、運動の力によってソーシャルスキルを向上させることが可能であると考えております。

★ソーシャルスキルとは?

1.生きていくための基礎体力
2.表現する力(コミュニケーション)
3.考える力
4.創造する力
5.試す力
6.やり抜く力

★具体的にどのようなことにスポット当て、6つの力(ソーシャルスキル)を伸ばしていくのか?

1.生きていくための基礎体力(ファンクショナル・トレーニング)
生きていくためには機能的に体を動かすことは欠かせない要素であり、こどもにとって体つくりはまず先に取り組む課題だと考えております。
体幹がしっかりしない。バランスがとれない。思ったとおりに体を動かすことができない。という状態では、日常生活に支障をきたします。
そこで私たちはトレーニングの1つとして、ファンクショナル・トレーニングをメニューの中に取り入れます。
ファンクショナルとは、「機能的に体を動かす」という意味で、筋肉を鍛えるためのトレーニングではなく動ける体つくりにスポットを当てたトレーニング方法です。
体の安定性やバランスを向上させることを目的に、負荷の少ないトレーニングを実施して参ります。
未就学のお子様に関しては、「36の基本動作」をレッスンに取り入れてまいります。

2.ルールの中で工夫する
社会には沢山のルールが存在します。
ルールがなければ秩序は保てず、協調性のないものになってしまいます。
ルールを理解し、ルールの中でどうやって工夫し、成果や結果を出すのかということが求められます。
同様にスポーツにもルールが存在し、そのルールの中でいかに工夫するかでパフォーマンスが変わってきます。

3.自分で考えようとする思考習慣
考える力は、まず「考えようとする意欲」から生まれます。
人からの指示を待つだけでなく、時間をかけてでも自分で考えようとする思考習慣が大切だと考えております。

4.思い浮かべる力(イマジネーション)
イメージする力は生きていくうえで欠かすことのできない要素です。
強弱、大小、高低、長短、速い遅い・・・
運動は「イメージする力」と共存しています。

5.試そうとする力(人生を切り開いていく底力)
できること、失敗しないことばかりをやっていても、能力は一定以上にはなりません。
失敗の経験値が不足していると、ちょっとしたことでくじけたり、投げ出したりする癖がついてしまいます。
できないと感じることでも、まずやってみる、チャレンジしてみる。ということが大切だと考えております。

6.やり抜く力
最後までやりぬく力は目標を設定する思考習慣と、小さな成功体験の積み重ねによって育まれるものです。
スモールステップを設定し、「やればできる!やってみると楽しい!」という成功体験の積み重ねが「やりきる力、やりきる楽しさ」につながると考えます。